• ホーム
  • クラビットの効果と副作用

クラビットの効果と副作用

クラビットはニューキノロン系経口菌製剤であり、抗生物質として知られています。
服用の効果は感染時に細菌などのDNA複製を阻害して殺菌し、体に現れた感染症状を治癒します。
一般的には皮膚感染症、尿道炎や膀胱炎などの泌尿器感染症、クラミジアなどの婦人科感染症、眼科感染症、副鼻腔炎などの耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の治療に使われています。
マイコプラズマもクラビットは処方されます。

細菌は細胞分裂を行いながら固体数を増やして増殖し、それにはDNAの複製が必要となりますが、この複製に欠かせないのがDNAジャイレースと呼ばれている酵素です。
この酵素の動きを止めることで簡単に増殖することが出来なくするのが薬の役割です。

薬には効果だけでなく副作用があるものです。
クラビットの副作用は主に、発疹、眩暈、吐き気、頭痛、不眠、下痢、腹部不快感などがあります。
珍しいことですがまれに悪寒や呼吸困難、顔面蒼白や発熱、痙攣、尿量減少、嘔吐、食欲不振、歯茎などからの出血等がある場合には、担当の医師もしくは薬剤師に相談しましょう。

クラビットは医師による処方で購入することが出来るほか、通販でジェネリック医薬品を購入することが出来ます。
例えば普段から膀胱炎によくなり、泌尿器科の診療を受けるタイミングが遅くて悪化しがちな方、クラミジア感染などの経験がある方などは個人輸入で手に入れ自宅に常備しておくことで悪化するのを防げます。
用法は日本で処方されるクラビットと同じですが、容量は多いものが買えますので万が一のための常備薬として購入するひとも多いようです。
インドで作られているものは日本人の体型や体質にあった商品を製造、販売していますから安心です。
普段から病院で処方されている方はおすすめですが、他の薬との併用など気をつけなければならないこともありますので服用したことがない人は、まず病院で医師に聞くか薬剤師に相談してみましょう。

クラビットの副作用や服用時の注意点

クラビットは先ほど紹介したように、クラミジアをはじめ広汎な抗菌スペクトラムを持つ抗生物質で、優れた効果を期待できますが、用法を正しく順守することで安全に治療を完遂することが可能になります。
クラビットは薄い橙色の楕円形の錠剤で有効成分の容量としてクラビットを500mg含むのです。
成人では1日1回1錠を服用するのが基本スタイルですが、症状に応じて適宜加減されます。

服用薬の為、飲み忘れの問題もありますが、気が付いた瞬間に出来る限り速やかに服用することを心がけましょう。
だからと言って、2回分を1回で服用するのは控えましょう。
耐性菌のリスクを考えれば、飲み忘れは出来る限り回避したいところですが、容量を超えた服用量は当然、副作用のリスクを高めることになるからです。
抗生物質には耐性菌の問題を抱えている為、所定の服用期間は順守し、症状の改善が見られたからと言って自己判断で服用を註することも控えましょう。

クラビットのジェネリックは通販でも入手できるので、案外見落としがちですがクラビットには併用注意薬が存在しています。
併用注意薬とは、同時に服用することは可能ですが、思わぬ副作用に見舞われるリスクが高い薬のことを指しているわけです。
クラビットの併用注意薬は、ボルタレン錠やロキソプロフェン錠・ボルタレン錠・ロブ錠などの鎮痛鎮静剤のほか、マグミット錠と言った制酸剤などがあります。
いずれも痛み止めや胃薬として使用されることの多い薬なので、心当たりのある方は薬剤師などの専門家に事前に相談するべきでしょう。

既述のようにクラビットは優れた抗生物質であるものの、他方で副作用のリスクも存在しています。
多彩な副作用を呈しますが、服用後に異変を自覚したら服用を中止し、医師の診察を受けることが大切です。