• ホーム
  • トリコモナスの症状は?自宅で検査ができる?

トリコモナスの症状は?自宅で検査ができる?

トリコモナス症は、トリコモナス原虫に感染することによって発症する性病です。
主な症状は炎症症状で、男性の場合、尿道炎や前立腺炎を引き起こし、女性の場合は膣炎を引き起こします。
ただし、男女ともに無症状であることも多いことから、感染に気づかず重症化することもあります。

男性が感染すると尿道から分泌液が出たり、排尿時の軽い痛みといった症状があらわれます。
10日前後の潜伏期間を経て症状があらわれますが、尿道への感染だけの場合、排尿によって洗い流される可能性もあり、自然治癒することもあります。
男性の場合は無症状であることも多いですが、重症化すると稀に前立腺炎や精巣上体炎を引き起こすことがあるため注意が必要です。

一方、女性が感染すると外陰部の痒みや灼熱感を感じるようになり、悪臭の強い黄緑色の泡状のおりものが出るようになります。
外陰部のただれや性交痛、排尿痛などの症状があらわれることもあります。
男性に比べて、女性は様々な症状が強くあらわれますが、無症状であることもあるので注意が必要です。
潜伏期間も女性の場合は10日程度から数ヶ月程度と幅広く、いつ感染したのかもわからないことが少なくありません。
女性の場合、トリコモナスに感染すると特徴的なおりものがあらわれるようになります。
悪臭を伴う黄色膿性あるいは淡膿性のおりもので泡状のものが出るようになります。

主な感染経路は性行為によるものです。この性行為には通常の性行為に加えてオーラルセックスやアナルセックスも含まれます。
また、トリコモナス症の場合、性行為に限らず感染する可能性があるのも特徴です。
性行為を感染経路とするだけではなく、公衆浴場やプールなどで感染する可能性もあります。
これはトリコモナス原虫が水中、あるいは水分のある環境下では一定期間生存することができるからです。
乾燥している環境や酸性環境で生きることはできませんが、感染者が使用した濡れたタオル、下着、風呂場の椅子などに接触すると感染の可能性があります。
このため、性交経験のない女性にも感染する可能性があるため注意が必要です。

トリコモナス症の代表的な治療薬としてはフラジールが販売されています。
フラジールはトリコモナス症の第一選択薬として活用されている薬です。
内服薬だけではなく、女性の膣に直接有効成分であるメトロニダゾールを作用させることができる膣錠も販売されています。
治療薬であるフラジールは、微生物のDNAの二重螺旋を切断し、機能障害を起こすことで分裂・増殖を抑制する作用機序をもっています。
つまり、治療薬としてのフラジールはトリコモナス原虫に対して殺虫的に作用する薬であると言えます。

検査キットを使えば自宅で感染の結果が分かる

トリコモナス症は検査キットを使えば感染しているかどうかを簡単に検査することができます。
検査キットは通販でも購入することができるので自宅にいながら感染しているかどうかを確認できて便利です。
ただし、通販を利用した郵送検査では、トリコモナス原虫が死んでしまい、活発に活動する原虫を確認する方法である鏡検法や生きた原虫を増殖させる培養法は適していません。
そのため、トリコモナス原虫の遺伝子を増幅させることによって検体を検出する核酸増幅法による検査が確実性が高い検査と言えます。

上でも説明したように、トリコモナス症の代表的な検査方法には、鏡検法・培養法・核酸増幅法(RCR法)があります。
通販では、検体を検査機関に郵送することによって感染しているかどうかを確認することができます。
鏡検法では、尿道分泌物や膣液を採取することによって、顕微鏡でその中にトリコモナス原虫が存在しているかどうかを確認する最も簡単な方法です。
簡単な方法であるため、即日で検査結果がわかりますが、採取されたトリコモナス原虫が少数だった場合などには感染を見落とす可能性があるため注意が必要です。

また、培養法では、採取した尿分泌液や膣液を培地を用いて培養してトリコモナス原虫を増殖させた後に確認し、感染しているかどうかを判定する方法です。
採取したサンプルの中にトリコモナス原虫が少数しか存在していなかったとしても、培養によって増殖した後で検査を行うため、高度な検査が可能となります。
しかし、培養するまでに時間がかかることから、検査結果が出るまでにおよそ1週間程度の時間が必要となります。

加えて、核酸増幅法とは、トリコモナス原虫の遺伝子を増幅して検査する方法です。
トリコモナス原虫が死滅していたとしても、遺伝子レベルで検査するため、サンプルからトリコモナス原虫の存在の有無を確認することができます。
核酸増幅法は非常に高感度で、かつ短時間で検査結果を出すことができるというメリットがあります。
サンプル中に最低検出度を上回るトリコモナス原虫が存在していれば検出することができます。