• ホーム
  • ヘルペスの主な症状や治療方法について

ヘルペスの主な症状や治療方法について

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスに感染することで発症する感染症のことを指します。
ウイルス自体は160種類ほど存在しますが、人に感染するものは8種類ほどです。
その中でも主にあがるのが、単純ヘルペス1型と呼ばれる口唇ヘルペスや角膜ヘルペスなどの上半身に現れるものと単純ヘルペス2型という性器ヘルペスなど主に下半身に感染するもの、水痘・帯状疱疹ウイルスという帯状疱疹や水疱瘡を引き起こすものです。

まず1型のものにより口に症状が現れると、チクチク、ムズムズなどの違和感を感じる・赤く腫れている・水ぶくれ・熱が出てきた・アゴの下のリンパ節に腫れを感じる、といったものがみられます。
性器が2型に感染した場合の症状は、かゆみやヒリヒリとした痛み・水ぶくれ・赤いブツブツ・太もものリンパ節の腫れといったものに加え、女性にのみ排尿痛が現れます。
水痘・帯状疱疹ウイルスは帯状疱疹を引き起こすものですが、ヘルペスとして発症したものなので一度感染すると何度も再発するものです。
症状の現れる場所によって感染経路は異なりますが、まず口の周りに感染するものは人間同士の接触でうつります。
夫婦や親子などの親しい関係では特にうつりやすいもので、唇や口の周囲に水ぶくれなどの症状が出ている時に、キスや頬ずりをすると感染するケースが多く、と言われています。
性器に発症するものはほぼ性行為によって感染するもので、このウイルスの感染力はとても高くコンドームをしていても感染することがあるほどです。

これらの症状を治療する場合には通常、抗ウイルス薬を使って行われます。
バルトレックス・ゾビラックス・ファムビルという3つの治療薬が主に使用されるもので、抗ウイルス効果の差はないものの服用方法や回数が異なります。
ゾビラックスは内服薬だけでなく軟膏などもあり、安価で購入できるものの飲む回数が多いです。
バルトレックスは、最も少ない服用回数でいいですが錠剤が大きめ、ファムビルは大きさも服用回数も標準程度となっています。
3つとも副作用は軽い薬となってるので、ヘルペスに感染した場合には早めの使用がおすすめです。

ヘルペスの治療法は薬物療法

ヘルペスを発症したら、基本的には薬物療法が選択されます。
放置しておいてもいつかは治癒するのですが、人によっては再発を繰り返して治癒まで何ヶ月もかかることもあります。
悪化して合併症などを引き起こす危険性もありますし、発症している間は感染経路にもなってしまうため必ず治療を始めなければなりません。

ヘルペスの治療薬は、今のところゾビラックスとバルトレックス、ファムビルという3種類の薬です。
いずれも有効成分がヘルペスウイルスの増殖を阻害し、症状が悪化するのを防ぐ効果がありますが、効果の高さと副作用のリスクなどの兼ね合いから現在ではバルトレックスが第一選択薬となっています。

バルトレックスの服用方法は、毎日朝と夜の2回、それぞれ500mg配合錠を1錠ずつ服用するという手軽なものです。
これを5日間続ければ、ほとんどの患者で症状を改善させることが可能です。
ヘルペスの中でも重症化していたり厄介な場所にできた場合は、5日間で治りきらないことも多いので10日分処方されることもあります。

3種類の治療薬の中でも、バルトレックスは予防的に使用することも可能です。
1年に6回以上の再発を繰り返す患者の場合、1日に500mg1錠を8週間以上服用し続けることで、再発率を従来の60%にまで抑える効果が臨床試験で報告されています。
これを再発抑制療法と言い、再発を繰り返しやすい性器ヘルペス患者に対して行われることが多いです。

また、治療薬はいずれもヘルペスの発症からできるだけ早く服用することが大切です。
治療薬はウイルスの増殖を抑えることで改善を目指すため、時間が経って増殖が終わってから服用しても、あまり効果が得られません。
72時間以内に服用すると顕著な効果が得られるので、発症したらすぐに病院へ行って処方してもらいましょう。