• ホーム
  • 国内でも感染者増加!エイズの症状と治療について

国内でも感染者増加!エイズの症状と治療について

エイズはHIVウィルスに感染して免疫が下がり、国が指定している23の合併症を併発することによって診断されます。
HIVウィルスに感染していても免疫があればエイズ発症となることはありません。
免疫を維持するためにはウィルスをコントロールする治療が必要です。
この治療では毎日決められた時間に決められた薬を飲み続ける必要があります。
薬の飲み忘れはウィルスが薬剤に対して耐性を持つ原因となり、万が一ウィルスが変異してしまうと治療が困難になることがあります。

HIVウィルス単体での症状は、免疫システムの破壊です。免疫が下がっていくと身体に様々な症状が出てきます。
体重が減少したり風邪にかかりやすくなり、また、治りが悪くなります。
免疫システムの破壊もゆっくりと進行していくため、感染していても何年も気づかないまま過ごしてしまう人も多くいます。
HIVウィルスが広まっているのは、こうした自覚症状のない期間が非常に長いためでもあり、定期的に検査をしてウィルスに感染していないかチェックすることが重要です。
また、こうした期間に他の人と接触をすることで、広めてしまう危険もあります。
中にはエイズが発症して初めて感染していることに気づく人もいます。

HIVに感染したとしても治療をしていればエイズを発症することなく寿命を全うできるといわれています。
現代医学も進歩しており、HIV=死ではなくなってきているのです。
ただし現代医学をもってしても完治させることは未だできていません。
一度感染したら一生付き合っていかない病気だということを理解しておきましょう。
治療も定期的に通院が必要になり、日々の投薬も決して楽なものではありません。
障がい者手帳が発行されることによって医療費の負担はある程度減らすことができますが、治療には多額の税金がかかるということを理解しておかなくてはなりません。
HIVに感染するリスクを少しでも抑え、正しい知識を持って行動することが大切です。

エイズに感染しないように正しい予防法を知ろう!

HIVウィルスの感染経路は非常に限られています。
主な感染経路は性的接触、血液感染、母子感染です。
このうちの大部分が性的接触によるもののため、この病気は性病として位置付けられています。
また、性的接触の中でも同性間のセックスが原因となっている例が多くあります。
同性間の性交では出血するリスクが高いため、ウィルスが移りやすいのです。

日常生活の中ではあまり移るリスクはありません。
手を握ったりキスをする程度では移りませんし、一緒のお風呂に入っても問題ありません。
ウィルスは水中や空気中では生存することができず、血液や体液の中でのみ活動をしているのです。
また、体液でも唾液や涙にはウィルスが含まれておらず、血液や精液との接触がなければ感染しません。
予防をすることももちろん大切ですが、過度に反応して正しい知識を持たないことが偏見につながることもあります。
ただし歯ブラシの使いまわしや血のついた衣類やティッシュに接触することで移ってしまう危険性があります。
日常生活の中でも注意をしなくてはならないシーンはありますので、理解を深めておくことが重要です。

HIVはその他の性病を持っていると、感染するリスクが格段にアップします。
その他の性病を予防するためにも定期的に検査をしたり、不特定多数と交わらないこと、コンドームなどの避妊具をつけることが重要です。
HIV自体は非常に感染力の弱いウィルスのため、知らずに陽性の人と交わったとしても移らないこともあります。
しかしそれはあくまでも可能性で、1回のセックスで感染してしまうこともあるのです。
避妊具の使用は100%の予防にはなりませんが、リスクを大幅に下げてくれますので、必ず使用するようにしましょう。